AT‐P工法のアーテックは「Co構造物の点検・調査、補修・補強設計、施工」で大切な社会資本のストックマネジメントに貢献すべく努力を重ねています。
 
AT-TOP > AT工法研究会 > 耐震補強・AT‐P工法②
工 法 概 要

本工法は、RC巻立て工法や従来のポリマーセメントモルタル巻立て工法に比べて、
補強部巻立て厚を抑えた耐震補強工法です。
従来は、既設躯体周囲に設置していた補強軸方向鉄筋を、躯体に施した切削溝に埋設し、
空隙部にエポキシ樹脂を充填して定着させた後、既設躯体表面に帯鉄筋を配置し、
ひび割れ抑制のためにビニロン繊維を混入したポリマーセメントモルタルを巻立てる工法です。

工 法 の 特 徴

①巻立て増厚が従来のポリマーセメントモルタル巻立て工法の約1/2以下に抑えられます。
②河川構造令で規定されている流下断面阻害を大幅に軽減できます。
③既設コンクリート内に補強鉄筋を埋設することで、
 補強断面を増加することなく構造物の曲げ破壊を抑制します。
④水門,樋門など河川構造物特有の「戸当り」を有する壁構造を考慮した部分巻立てが可能です。
⑤既設かぶりコンクリートの断面内での補強も可能です。

 

Copyright © artech All rights reserved.