AT‐P工法のアーテックは「Co構造物の点検・調査、補修・補強設計、施工」で大切な社会資本のストックマネジメントに貢献すべく努力を重ねています。
 
AT-TOP > 事業案内 > コンクリート試験所(JNLA登録試験所)
 点検・調査・診断

・品質試験塩化物イオン試験
 (JIS A 1154)
 中性化試験(JIS A 1152)

・採取コアの圧縮強度試験
 (JIS A 1107)
 静弾性係数試験(JIS A 1149)

 施 工
・定着樹脂品質試験
・ 補修材料強度試験

当試験所は、工業標準化法に基づく試験事業者登録制度(JNLA)により登録され
ています。 登録されている試験(石灰・セメント・ガラス化学分析試験区分)に
ついて、下の標章がついた試験結果報告書を発行することができます。

♦JNLAとは

JNLAとはJapan National Laboratory Accreditation systemの略称であり、平成9年9月より工業標準化法(JIS法)に基づく試験所認定制度として運営してきましたが、平成16年10月1日より新たにJIS法に基づく試験事業者登録制度として運用を始めました。JNLA登録制度は、国際標準化機構及び国際電気標準会議が定めた試験所に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうか審査を行い、試験事業者を登録する制度です。JNLA登録制度で登録された試験事業者は、その証となるJNLA標章が入っています。

♦品質試験

硬化コンクリート中の塩化物イオンの試験(JIS A 1154)
鋼材腐食の原因となる塩化物イオン量の測定を電位差滴定法によって行います。

中性化試験(JIS A 1152)
鋼材腐食の原因となる中性化の状態を確認するために行います。

♦強度試験

採取コアの圧縮強度試験(JIS A 1107)
実構造物より採取されたコアを用いて圧縮強度試験を行い、
コンクリート強度を推定します。

静弾性係数試験(JIS A 1149)
実構造物より採取されたコアを用いて、静弾性係数を推定します。

♦申し込みについてのご案内

申込書について
記入例を参考にして作成してください。
試験申込書には必ず依頼者もしくは申込者(請求先)の捺印または署名を行ってください。
申込み手続き完了(弊社から申込み用紙をFAXにて返信します)後に内容の修正を
行う場合は、再提出をお願いする場合がございますのでご注意ください。
供試体別に報告書が必要な場合は、各供試体ごとに申込書の記入をお願いします。

報告書について
報告書提出および速報値の報告は、原則としてご入金確認後とさせて頂きます。
試験報告書1部は試験料金に含まれています。
追加の報告書が必要な場合のみ記入をお願します。
試験報告書の一部分を複製する場合には、
必ず当試験所の書面による承認を受けて下さい。

試験料金について
申込み手続き完了後請求書を発送させて頂きます。
試験料金のお支払いは銀行振込みでお願します
(振込み手数料は貴社にてご負担願います)。

♦試験料金のご案内

試験料金表

試験項目 対応JIS 仕様 単位 料金
(税抜き)
コンクリートコアの
圧縮強度試験
JIS A 1107
JIA A 1108
5,500
※1
静弾性係数 JIS A 1149 ストレインゲージ法 15,000
※1.2
ポリマーセメント
モルタルの
圧縮・曲げ強度試験
JIS A 1171
JIS R 5201
3本1セット
曲げ試験×3
圧縮強度試験×6
セット 10,000
※3
円柱供試体の圧縮強度試験
・ポリマーセメントモルタル
・グラウト材
JIS A 1108 φ50×100 1,800
※1
コンクリートコアの
中性化試験
JIS A 1152 側 面 2,800
割裂面※4 3,500
塩化物イオン量測定
(JNLA標章付き)
JIS A 1154 コアスライスほか 試料 15,500
粉末試料
(ドリル粉末ほか)
試料 13,500
報告書 ※5 - 結果報告書(追加) 800

※1 整形費用を含みます。 ※2 圧縮強度試験結果を含みます。 ※3 3本未満の場合はご相談ください。
※4 割裂面での中性化は、供試体が他の試験と併用できない 場合がありますので、ご注意ください。
※5 結果報告書1部は試験費用の中に含まれています。

Copyright © artech All rights reserved.