AT‐P工法のアーテックは「Co構造物の点検・調査、補修・補強設計、施工」で大切な社会資本のストックマネジメントに貢献すべく努力を重ねています。
 
 
補強部巻立て厚が大きくなるため、河積阻害率や建築限界等の構造寸法上の制限を満足できないという、RC巻立て工法が有する欠点を補うために、既設橋脚躯体に施した溝切り内に補強部軸方向鉄筋を埋設し、補強部巻立て厚を縮小した鉄筋埋設型PCM巻立て工法について、実際のRC橋脚を想定した供試体を用いた正負交番載荷試験を九州大学において実施し、補強効果の実験的検証を行った。
 

Copyright © artech All rights reserved.